スロット ジャグラー

ギャンブル・カジノ道中記

スロットジャグラーについて



スロットのジャグラーといえば昔から大変人気のある機種です。
昔といっても初めて出たのは1995年くらいです。

現在でも大変人気があり若い人たちからおじいちゃん、おばあちゃんまで
幅広く打たれている機種であると思います。

おじいちゃん、おばあちゃんでもスロットが打てる機種と言えば、
今ではこれくらいなのかなと思います。
キングパルサーなどもありますがどちらかと言えばジャグラーの方が人気でしょう。

スロット、ジャグラーの基本的なルールはとても簡単です。
スロットには、3つのボタンがあって3つのボタンを押して、
GOGOランプがピカッと光れば当たりです。

当たれば、7を揃えるかバーを揃えるだけです。
777が当たれば350枚程度メダルが払い出され、
だいたいお金で換算すると7000円程度です。(等価交換の場合)

BARが揃うと120枚程度で、お金で換算すると2400円です。(等価交換の場合)
とてもシンプルでなおかつ、はまったらそのランプの光がたまらない感じなので、
今でも人気機種なのです。

ここからは、少し設定などの話をしていきます。
設定というのは、基本的に1から6まであり最高の設定が6なのです。
基本的には、4以上ぐらいからはプラス(勝ち)になると思います。
引きが悪くBARばっかりひいてしまっていれば負けるときもあります。

ジャグラーの設定差は自分の中ではやっぱりBARの数値です。
BARがのびている台であれば、設定が良ければBIG(777)がついてきます。

たまについてこない台でBARがのびていく台は設定3か5ではないのかなと思います。
けれど、初めの方ではなかなかわからないので回転数3000回ぐらいの時に
BARが最低でも10回以上出ていなければ高設定ではないのかと思います。

朝から打つ場合は、分からないですが夕方からスロットを打ちにいく場合は
BARを目安にして打った方が良いと思います。

ジャグラーで勝ち続ける事はさほど難しくないと思いますが、
しっかりと確立を計算しながら打たなければ勝てない機種でもあるため
運だけでは勝ち続けるのは少し難しいかもしれません。

天井とかもないため、自分が今までに、ジャグラーで見た最高のはまりは1800回転程です。
仮に一人で回していたら6万程度かかりそこからBARが1回とかでおわった場合は
とても悲惨な状況になります。

ジャグラーに限らず、ギャンブルは程々にしておいた方が良いですね。
ただジャグラーだけは、そこまでお金を使わずに遊べる機種でもあるので、
今でも幅広い年齢層で人気なのかも知れないです。

スロットについても紹介していますので、是非参考にしてください。